地下熱

環境に優しく費用効率のよい暖房

フェンロー主要地域の地質環境では地下熱の利用が可能です。60ヘクタールのハウスでパプリカを栽培するワイネン・スクエアクロップス社を始め、トレード・ポート・ノールド近くのカリフォルニアと呼ばれる農作地域にある大規模野菜果物栽培業2社も、地下熱を利用して自社エネルギー需要を賄っています。それによって、数百万立方メートル相当の天然ガス使用費を節約し、数トン分の二酸化炭素排出を抑えることになり、二酸化炭素による環境負荷の低減に貢献しています。

トレード・ポート・ノールドの大規模建物の暖房および冷房への地熱利用方法の研究調査が現在行われています。これは、低光熱費すなわち事業費削減に繋がるのみならず、持続可能への推進力ともなります。

詳しくはお問い合わせください。