税制

「お気にいることはできなくても、簡便にすることはできます」

オランダの税制は現代的で、事業や産業への障害をなるべく減らすようにする一方、企業に対する二重課税が起こらないようにもしています。

オランダの税制の長所を短くまとめてみます。

  • 法人税は25%という低さ。(200,000ユーロまでは20%)
  • 二重課税排除や外国(およびオランダの)企業源泉徴収税軽減など90以上の税金条約 を含む幅広い租税条約網。
  • 事前税法規実施による事前の確実性。
  • 外国居住に伴う特別費用に対する無課税償還である、海外駐在員のための96ヵ月間30%税法規。
  • 2015年1月より変更になった付加価値税(VAT)法によって、VATは供給側の国ではなく顧客側の国で支払う。

研究開発設備に対する追加税免除には以下が含まれます。

  • 研究開発賃金税軽減 (WBSO)
    WBSOとは、研究開発に携わる社員の賃金およびその他の研究開発費・支出への賛助です。税免除は、賃金税と社会保障保険金に対する割引という形になります。全研究開発費・支出の32%(350,000ユーロ未満)もしくは16%(350,000ユーロ以上)の控除です。
    設立間もない会社に対しては32%が40%まで引き上げられます。
  • 研究開発費・支出控除(RDA)
    RDAとは、研究開発投資に対する支給金です。WBSOが賃金構成要素への賛助であるのに対し、RDAはそれ以外の費用構成要素への配慮で、法人収入税から研究開発投資の一定割合の控除が受けられます。
  • 技術革新枠への税における研究開発優遇
    技術開発枠では、WBSOとして認められた自己開発の特許権を有するおよび・もしくは特許を有さない無形資産から発生する研究開発収入に対する実効税率がわずか5%になります。

  • ロバート・キーン

    世界を股にかける人物は、フェンローを選びました。 ロバート・キーン氏はパリ在住のアメリカ人で、国際的に事業を展開している会社ヴィスタプリントのCEOです。世界を股にかける人物です。ヨーロッパに製造・物流拠点を置く際、自信を持ってフェンローを選びました。「フェンローの印象は絶大です。」 「フェンロー市は、我々を心から迎えてくれました。こちらの要望をよく聞いて先回りする姿勢には驚かされました。」


  • ショーン・ウォング

    「フェンロー進出は、勝負を決める決定打でした。」 台湾のポジフレックスは、フェンローへの進出予定は全くありませんでした。当初はヨーロッパ拠点としてデュッセルドルフを夢に描いていました。しかし、ドイツの官僚主義の煩雑さと4年間格闘した結果、舵をフェンローに向けて切り替えました。ポジフレックス・ヨーロッパのショーン・ウォング氏は、フェンロー市の対応に安堵のため息をついたものです。 「フェンロー市は我々を心から迎えてくれました。こちらの要望をよく聞いて、先回りする姿勢には驚かされました。」


  • ヤン・クラーケン

    「フェンロー市は志と企業精神に溢れます。」 ヤン・クラーケン氏は、食品製造分野での先見の明を持つ人物です。セルタ・マッシュルームス社はマッシュルーム製品分野での世界市場占有率の高い会社です。クラーケン氏は、フェンロー市の志と迅速な対応とが提携の決め手となったと言います。「それで皆がよい方向に行くのです!」 「フェンロー市の政治・行政組織の志と企業精神には、文句のつけようがありません。」


  • トン・ヤンセン

    テイスティ・トムは買い物リストに載ってます。 フェンロー市と近郊地域は、野菜・果物栽培および園芸ではオランダで第二の規模を誇ります。品質と革新技術がここでは最優先です。それを代表するのが、トン・ヤンセン氏が有機栽培・環境に優しい方法で栽培する美味のトマトです。氏はそのトマトをテイスティ・トムと命名し、買い物リストに載るようにしました。 「フェンローはドイツへの正面玄関です。国際的ビジネスを目指すなら、フェンローを真剣に視野に入れるべきです。」


  • ブラム・ファーフーヴェン

    「フェンローには、他の地域ではあまり見られない発展の可能性があります。」 プロロジスト社のベネルクス地域代表であるブラム・ファーフーヴェン氏は、ヨーロッパでの物流センターの需要は伸びているのに、物流企業のために最適の場所が不足していることを目の当たりにしました。「それに対し、フェンローにはまだ十分な発展の可能性があります。だから、我々は今後数年ここでの地位を倍増する計画です。」 「フェンローは、オランダ国内だけでなくヨーロッパでの我々の重要な地域です。立地、インフラ、市との提携は完璧と言えます。」


  • ペーター・ファン・デル・マース

    「フェンローは暮らすのにも素晴らしい町です。」 フェンローのDSVソリューションズ社長ペーター・マース氏は、フェンローの完璧なインフラストラクチャーと、近づきやすく助力を惜しまない行政への称賛を惜しみません。「フェンローは暮らしやすく気分よく生活できる町です。だから、仕事とプライヴェートが上手く噛み合うのです。」 「フェンローには企業に必要な条件が全て整っているだけでなく住み心地もいいので、DSVはフェンローにおける活動を将来さらに発展させるつもりです。」