header image

進取性に富むフェンロー市

フェンロー市は、オランダ首都圏と中部ヨーロッパ後背地の中間、真ん中に位置します。つまり、戦略的価値が非常に高いといえます。その恵まれた立地を生かしてフェンローはオランダの物流においてロッテルダム、スキポールに次ぐ第三の中核に発展しました。物流以外のフェンローの強みは、アグロフード、知識集約型産業、製造業、小売業です。それらが物流と共に都市型経済の堅固な柱を形成しています。

フェンローは、住み心地のいい町でもあります。都市生活に必要なすべての設備・機能を持ちながら、人間の背丈に合った規模の町です。緑に囲まれた緑化都市。生活、仕事、勉強、起業に最適な町です。同感でしたら、こちらまでお問い合わせください。

お問い合わせ

 

推薦

  • ロバート・キーン

    世界を股にかける人物は、フェンローを選びました。 ロバート・キーン氏はパリ在住のアメリカ人で、国際的に事業を展開している会社ヴィスタプリントのCEOです。世界を股にかける人物です。ヨーロッパに製造・物流拠点を置く際、自信を持ってフェンローを選びました。「フェンローの印象は絶大です。」 「フェンロー市は、我々を心から迎えてくれました。こちらの要望をよく聞いて先回りする姿勢には驚かされました。」


  • ショーン・ウォング

    「フェンロー進出は、勝負を決める決定打でした。」 台湾のポジフレックスは、フェンローへの進出予定は全くありませんでした。当初はヨーロッパ拠点としてデュッセルドルフを夢に描いていました。しかし、ドイツの官僚主義の煩雑さと4年間格闘した結果、舵をフェンローに向けて切り替えました。ポジフレックス・ヨーロッパのショーン・ウォング氏は、フェンロー市の対応に安堵のため息をついたものです。 「フェンロー市は我々を心から迎えてくれました。こちらの要望をよく聞いて、先回りする姿勢には驚かされました。」


  • ヤン・クラーケン

    「フェンロー市は志と企業精神に溢れます。」 ヤン・クラーケン氏は、食品製造分野での先見の明を持つ人物です。セルタ・マッシュルームス社はマッシュルーム製品分野での世界市場占有率の高い会社です。クラーケン氏は、フェンロー市の志と迅速な対応とが提携の決め手となったと言います。「それで皆がよい方向に行くのです!」 「フェンロー市の政治・行政組織の志と企業精神には、文句のつけようがありません。」


  • トン・ヤンセン

    テイスティ・トムは買い物リストに載ってます。 フェンロー市と近郊地域は、野菜・果物栽培および園芸ではオランダで第二の規模を誇ります。品質と革新技術がここでは最優先です。それを代表するのが、トン・ヤンセン氏が有機栽培・環境に優しい方法で栽培する美味のトマトです。氏はそのトマトをテイスティ・トムと命名し、買い物リストに載るようにしました。 「フェンローはドイツへの正面玄関です。国際的ビジネスを目指すなら、フェンローを真剣に視野に入れるべきです。」


  • カレンダー